Skip to content

test

- Гадаадад зорчиход анхаарах зүйлс        - Монголын иргэд хилийн чанадад зорчих визийн нөхцөл        - Visa application form
Морин хуурын чуулгын тоглолт 11 дүгээр сарын 24-ны өдөр Oсака хотод болно PDF Хэвлэх И-мэйл
Бичсэн osaka   
2013 оны 10-р сарын 28, Даваа гариг, 07:19

 

馬 頭琴という楽器が広く日本に知られるきっかけは何と言っても、日本の小学校の2年生の教科書に載っている「スーホーの白い馬」があげられます。それに先立 つこと、今から半世紀前に福音館書店から発行された同名の絵本の貢献も大きいと思います。絵本で50年たっても色あせないのはもう古典の部類に入るといっ てもよいでしょう。

日本の子供たちはその音色を聴いていなくても、楽器を見たことがなくても「馬頭琴」を知っています。

主にその楽器・馬頭琴で編成された楽団がこの「モンゴル国立馬頭琴交響楽団」なのです。

モンゴル国立馬頭琴交響楽団は19927月に、モンゴル国の民主化を受けて設立されました。丸20年の研鑽。モンゴルの夢と誇りを馬頭琴の奏でる音楽で表現してきたことが評価されて2003年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

日本モンゴル文化経済交流協会の招待で楽団員全員の来日演奏は今年で10回目となります。

何 と言ってもこのすぐれた楽団の演奏は馬頭琴をはじめ、大琴(コントラバス)、中琴(チェロ)、ヨーチン、笛、ヤタガ(琴)などの全部の楽器が奏でてこそ真 価が発揮できますから、この際日本の皆様にモンゴル民族が愛してやまない楽団の演奏を楽しんでいただけましたら幸いです。言葉が通じなくても音楽がモンゴ ルと日本を親しく結び付けてくれることを願ってご挨拶といたします。

Сүүлд шинэчлэгдсэн: 2013 оны 10-р сарын 28, Даваа гариг, 07:38
 

Холбоос